コントラクトMRとは?【製薬会社に派遣されるMRのこと】

10月 14, 2019

どうも、マサです。@nishimohuri

 

コントラクトMRってどんな仕事なの?メーカーMRとは違うのかな?

 

こんな疑問に答えます。

 

コントラクトMRとは、製薬会社に派遣される営業マンのことを指します。
MRと仕事内容は全く一緒です。

MRの仕事内容は、自社医薬品の情報提供である!
意外とコントラクトMRの実情って知られていないので、本記事にて勤務地や待遇、福利厚生などを深堀します。

 

コントラクトMRとは、製薬会社に派遣される営業マン

仕事内容はMRと全く変わりません。

 

コントラクトMRを派遣している会社のことを、一括りに

CSO(Contract Sales Organization)と言います。(以下、CSO)

 

派遣=契約社員?

とイメージしてしまうかもしれませんが、必ずしもそういうわけではありません。

 

派遣されているMRとして製薬会社で仕事をするわけですから、所属はCSOになります。

CSOの雇用形態がどちらであるかで雇用形態は決まります。

 

ただ、メーカーへの派遣期間が定められているだけです。

(メーカーとの契約期間は半年だったり一年だったり、二年だったりメーカーによって違います。)

給料について

給料については、2パターンのタイプがあります。

未経験→コントラクトMR

1つ目は未経験からコントラクトMRになるパターンです。

この時の年収は、だいたい450万円くらい。

 

CSOにはMR未経験の人が他業界から転職することが多いです。

他業界から来た人で、前職より下がったという人は知っている限りではいません。

前職が

・旅行代理店に勤めていた人

・食品会社の営業

・投資マンションの営業

などなど、人材は本当にバリエーションに富んでいます。

 

メーカーMR→コントラクトMR

2つ目のパターンが、メーカーでMRとして働いていたがCSOに転職したパターンです。

年収に関しては、前職の年収を見て交渉できます。

前職が大手であれば、下がる可能性が高い印象です。

前職より収入が上がった人もいれば、ほぼ変わらなったという人もいます。

 

ちなみに僕は、前職が高すぎる会社だったのもあり、手取りで比較すると下がりました。

【20代のMR必見!】現役コントラクトMRの年収を公開!

 

交渉のやり方は、全ての会社に転職エージェントを通じて交渉します。

(自分自身でもできないことはないみたいですが、

転職エージェントを通すのが確実なので、転職エージェントに相談しましょう)

【体験談】MRBiZを使った感想~MRへの転職はMRBiZでいい~

 

①未経験→CSO
未経験の場合は400~450平均
②メーカーMR→CSO

前職の年収を見て交渉

福利厚生について(家賃手当やその他手当てについて)

続いて福利厚生ですが、これもしっかりと整っています。

 

1.家賃手当て

これもしっかりとついている会社が多いです。

メーカー勤めのMRと比べるとさすがに劣りますが、だいたい5万円くらいは出ると思います。

 

2.MR手当と営業日当

MR手当て・・・しっかりとついています。月に5万くらいです。

営業日当・・・これもついています。月に3~4万くらい出ます。

CSO側からもらえる形になります。

福利厚生も整っている(家賃手当あり)
MR手当て、営業日当もある

 

勤務地について

「希望勤務地になる可能性は高い」と言えます。(もちろんプロジェクトありきの話ですが)

コントラクトMRになっても、勤務地が継続して叶うかは分からないという意見もありますが、僕の周りでは勤務地希望が通っていない人は存在しません。

最近では少しずつ改善されていているのかな、という印象です。

僕はこれがあったので転職したようなもんです。

もう少し具体的に言うと、雇用形態でも決まります。

正社員入社を希望する場合
→勤務地の候補を挙げる(関東希望、関西希望など)
もしくは全国転勤可で入社

契約社員入社の場合
→希望を言えば、ほぼ叶う

要は、雇用形態と引き換えに勤務地を選ぶかどうか、です。

ですので、希望勤務地を絶対に叶えたいから契約社員をあえて希望する人もいます。

メーカー勤務で、最初に配属された地域が嫌だからCSO業界に入って、

希望勤務地が叶いやすいCSO業界で働いている人もいます。

 

希望の勤務地で働ける可能性は高い

まとめ

本日は、コントラクトMRの雇用について書いてみました。

コントラクトMRというのは1言で言うと、

製薬会社に派遣されるMRのこと

 

もう少し深堀すると、

雇用形態はCSOの雇用形態で決まる
給料はメーカー勤めのMRとほぼ変わらない
福利厚生も整っている
希望勤務地に配属される可能性は高い

 

僕はメーカーMRからコントラクトMRになり、

コントラクトMRになったら収入が激減するんじゃないかと思っていましたが、

あまりその心配はありませんでした。

 

むしろ、逆に勤務地を希望しやすいので、

コントラクトMRという選択肢もありだな、という風に今では思っています。

メーカーの正社員からコントラクトMRに来る方も増えています。

間違いなく、今後は需要が高まる業界です。

【悲報】今後のMRは、コントラクトMRで成り立つ

 

本日は簡単な紹介でしたが、

コントラクトMRのことが少しでも分かっていただければ嬉しいです。

コントラクトMRに関する記事

ではまた。


本記事を見て、コントラクトMRに関して気になる点や、
CSO業界で気になる点がある人はご質問承ってますのでどうぞ。

お問い合わせはこちらより

TwitterDMや、LINE@でも受け付けております。

Twitterアカウント→@nishimohuri

マサのLINE@アカウント


コントラクトMR×副業という働き方を提唱したい

本記事では、コントラクトMRに転職を考えている方に、 「コントラクトMR×副業」という働き方を提唱していきたいと思います。 あなたがコントラクトMRに転職を考えていなくとも、何か気づきを与えられたらと ...

続きを見る

-コントラクトMR

© 2020 26歳でコントラクトMRに転職をし、経済的自立を目指す物語 Powered by AFFINGER5