【転職に悩むMR必見!】20代の若者は、一度は転職を経験してみてもいいと思う

どうも、マサです。@nishimohuri

 

 

コントラクトMRになってから、
2週間が経ちました。

 

今では楽しい生活を送れていますが、転職する前は大丈夫かな・・・と何度も思いました。

前の会社がブラック企業ではなかったので、僕にとって転職は相当ハードルが高かったです。

しかし、転職した今、新たに見える世界が変わりました。

転職して心の底からよかったって思えるし、これを経験しないのはもったいないなってほどに思います。

 

だから今日は、20代の若者であれば転職は一度は経験してもいいのでは?
というお話です。

 

転職したいけど怖い・・・という方の足しになればと思います。

20代の若者が転職を経験した方がいい理由について

 

失敗してもリベンジが利く

20代だと、転職に失敗してもシンプルにリベンジが利きます。

20代の方こそ転職を経験してもいいのではないかと思う一番の理由です。

 

例えばもし、30代、40代の方が転職に失敗して再度転職しようと思っても、機会はそう何度も訪れません。

「20代」だけで半端ない価値があるのでそれだけ企業にも求められやすです。

時間もあるので、それだけチャンスもあります。

 

 

環境が変わることへの刺激を受ける

転職したら、生活の全てが新しい発見ばかりになります。

僕の場合は、コントラクトMRという道に一旦進んだわけですが、転職してから

・扱う薬が変わった
・内資から外資に変わった
・勤務地が変わった・・・etc

など、このような変化が起きました。

 

しかもこういう変化って、控えめに言って

 

 

めちゃくちゃ楽しいんですよね(笑)

 

 

 

うおおお!ここにも新しい発見!俺生きてる!
ってなります。(笑)

 

本社で研修受けてるんですけど、

無料の自動販売機置いてあるし、

英語で電話してる人ばっかだし、

社長は身近にいるし、

もう毎日新しい変化ばかりです。

 

しかも、来月から新たな場所、新たな施設、新たな薬を経験できるわけです。

新たな発見が止まりません。

 

旅に出るサトシってこんな感覚なんやろなあって思います。

 

マサラタウンを出てピカチュウと旅に出て、次はトキワの森でキャタピーを捕まえる。

 

新たなポケモンの出現に驚き、オーキド博士から授かったポケモン図鑑のことを忘れ、無我夢中で自分が捕まえたポケモンと仲良く日々を過ごしていく。

 

自分がポケモンマスターを目指している気分になります。

話を戻しますが、逆に同じ場所で仕事を続けているのも、

居心地はいいと思いますが、それはだんだんと慣れに変わり、その後惰性に変わってきます。

 

仕事が惰性になってしまうと

仕事をしている目的が分からなくなり、
自分の存在意義も分からなくなり、
時間だけが過ぎていく

という悪循環に陥ります。

 

MRという職種上、転勤がつきまとう職種ですが、

時代の流れもあってか人件費削減を会社が意識し始めているので、

転勤は昔と比べて多くはなくなっています。

 

転勤が3年に一回あれば住む環境が変わって多少の刺激になると思うのですが、

転勤が減っているこの現状を見ると、

いっそのこと転勤より転職した方がいいと思います。

 

僕はそもそも、転職してからは生きてること自体が楽しくなりました(笑)

 

人生を主体的に前に進められる

転職は人生を前に進めているのと同じだと僕は考えています。

 

転職はよくも悪くも、人生を大きく左右する
決断であり、そこで主体性を発揮しているからです。

 

ワンピースを思い出してほしいです。

 

ワンピースの主人公ルフィが
「海賊王に俺はなる!」

と言って旅に出ます。

自分で決断して、海賊王という誰もが諦めていくような世界に飛び込んでいくわけですから、主体性と決断力が半端ないです。

 

アラバスタに行くときも、

空島に行くときも、

ウォーターセブンに行くときも

ルフィはどんな時だって自分で進む道を決め、仲間を率いて成長します。

 

 

転職も同じことで、

 

自ら働く場所を変えて、

自ら住む場所を変える、

自らが変化をしていくわけですから、

そこには主体性があります。

これが、真の主体性です。

何事も自分で決めていくので、後悔することは少ないのではないかと。

一方で意図しない転勤だと、会社に命じられて動いているだけなので主体性はありません。

 

そして、主体的に人生を進めていくと同じような価値観を持っている仲間と出会いやすくなります。

 

またまたルフィの話をしますが、思えばルフィの仲間ってみんな何かしらの夢を持っていますよね。

 

ゾロは世界一の剣豪、

サンジはオールブルー。

ルフィと同じように壮大な夢を持っていますし、

そもそもルフィが壮大な夢を持っていなければ

惹かれあうことはありませんでした。

 

僕の場合は、先日の記事で紹介した師匠との出会いでした。

 

他にも、僕と同じように脱サラ目指してるMRとも出会い、人間関係のストレスはほぼ無くなりました。

 

転職は人生を大きく変える一つの選択肢

転職は自分に「転職を決断できた」という大きな自信もたらします。

 

それは、人生を生きていく上での一つの自信になります。

 

僕は転職という経験を通じて、今の自由な働き方を実現できました。

それがすごく楽しいからこうやって発信をしています。

 

今は、会社への出社も10時でしかも月2回だけ、

さらに会社から降りてくる謎の仕事はほぼないです。

会社の仕事は10分の一に減りました。

まじで自由です。

 

 

自分が納得した上での転職であれば決断が自信になり、経験値も増えてお得です。

 

一つの会社しか知らないのは一人の異性しか知らずに結婚するようなものです。

 

しかも、固定観念が根付いていない若者こそ、するべきだと思います。

 

30代でも遅くないと思いますし、

20代ならなおのこと。

 

今自分がいる会社が大好きで、この会社に一生を捧げる!

という意思があればそれが幸せになるので話は別ですが。

 

転職したいけど、できない理由が

「怖いから」「行動できない」

だったらもったいないです。

 

一回しちゃえば怖くないです。大事なのは、一歩目です。

 

 

「今の仕事が楽しいですか?」と聞いて、

心の底からイエスと言える人は何人いるでしょうか。

 

イェスと答えられる人の方が少ないと思います。

20代で若いのにも関わらず、

惰性で働いている方も少なくないと思います。

 

それではもったいなさすぎるし、時間の無駄になっちゃいます。

 

その人生を変える一つの選択として転職という選択があります。

もう一度言いますが、自分が納得したうえで決断できる転職なら自信もついて経験値も増えてお得です☆


「現状維持を続けたら、5年後に絶対後悔する」と感じた僕は、転職を決意。

働く場所を変え、環境を自分で選びやすいコントラクトMRに転職をしました。

僕は、転職という手段を使って自ら環境を変えたことで、「人生は、自分の手で切り開く」という強い信念を持つことができました。

今はまだ道半ばですが、楽しい毎日を送りながら「脱・会社依存」という目標に向かって走り続けています。

「脱・会社依存」という目標に進む上で、僕は同じような価値観を持つ人と一緒に頑張りたいと思っています。

下記記事に、僕の行動理念、そして強い想いを本音でぶつけました。

「転職未経験だった25歳の自分」に送りたいメッセージでもあります。

過去の僕と同じく、未来に漠然とした不安を抱え、「現状維持を続けたら5年後に絶対後悔する」と思う人は読んでみてください。

「コントラクトMR×副業」という働き方で「脱・会社依存」を実現する


 

-MRの転職

© 2021 コントラクトMRに転職をし、経済的自立を目指してみた Powered by AFFINGER5