全MRに告ぐ!スマホ【ながら運転】はダメ!ぜったい!!!

12月 2, 2019

どうも、マサです。@nishimohuri

 

昨日から道路交通法が改正されましたね。

この改正は、MRにとって非常に大きなインパクトを与えるニュースになってます。

中には、移動中は他社MRや同期とイヤホンつけて電話をしながら移動なんて人もいると思います。

 

なんてショックを受けている人もいると思うので、

今回の記事で道路交通法改正のポイントを詳しくまとめちゃいます!

 

道路交通法の改正について

主に「ながら運転」の罰則が強化された、というのが今回の法改正の大きなポイントとなります。

 

ながら運転とは?

ながら運転とは、スマホを見ながら運転をしたりすることや、

カーナビを操作しながら運転したりするなど運転以外の別の行為をしながら運転することを指します。

このながら運転の事故は年々増加の傾向にあります。

 

 

それでは、改正のポイントについて細かく見ていきます。

 

ながら運転で事故を起こした場合

 

ながら運転で交通事故を起こした場合
  改正前 改正後
罰則 3ヶ月以下の懲役か5万円以下の罰金 1年以下の懲役か30万円以下の罰金
違反点数 2点 6点
反則金 【大型:12000円】
【普通:9000円】
【二輪車:7000円】
【原付:6000円】
反則金の対象外
一発アウト

 

警察庁の資料を整理したものが上記になります。

大きく変わったのが、ながら運転をしながら事故を起こした場合は、

反則金が発生せずにそのまま刑事罰として処理されるようになったことです。

また、違反点数も2点から6点に上がり、ながら運転が原因の事故だと一発で免停になります。

 

ながら運転で違反をした場合

 

ながら運転で違反をした場合
  改正前 改正後
罰則 5万円以下の罰金 6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金
違反点数 1点 3点
反則金 【大型:7000円】
【普通:6000円】
【二輪車:6000円】
【原付:5000円】
【大型:25000円】
【普通:18000円】
【二輪車:15000円】
【原付:1200円】

 

 

そしてこちらが、ながら運転をしながら違反を起こした場合の罰則です。

反則金が2倍以上になり、点数も3点と一気にアップしています。

 

ながら運転の定義は?

残念ながら、ながら運転の定義というものは決まっていません。

車が動いている間に、スマホを見る、カーナビを見るなどの行為は確実にながら運転の対象となります。

それでは、ハンズフリーや信号待ちの時はどう対応するのがよいのでしょうか。

 

ハンズフリー

警察の方では、ハンズフリーでの通話は違反ではないという見解を示しています。

片耳なら大丈夫だが、両耳にイヤホンをつけているだけで違反とみなされるとテレビでやってました。

ハンズフリーの通話については、各地域での条例で違うようです。

 

信号待ちは?

赤信号で、完全にタイヤが止まっている状態なら問題はないようです。

警察も、

「信号待ちで携帯電話を操作することは違反ではない。
しかし、信号が変わったらすぐに操作を中止してください」

という見解を示しています。

青信号になった瞬間も携帯を保持していると、違反とみられる可能性もあるので十分注意が必要です。

カーナビ

カーナビを操作しながら運転をするのも違反です。

道路交通法では、

「自動車に取り付けられた画像用表示装置」の画像を注視することも違反です。

(注視・・・2秒以上)

 

ハンズフリー通話に関する条例

ハンズフリー通話に関しては、各地域の条例によって違います。

ちなみに東京での条例では下記のようになっています。

 

東京都の道路交通規則

第8条 車両の運転者が遵守しなければならない事項は、次に掲げるとおりとする。

(5) 高音でカーラジオ等を聞き、又は

イヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しない

こと。

東京都では、違反と扱われるようですね。

 

その他の地域

その他の地域でも、ほとんどが条例違反として罰則があります。

許容されているのは

青森県、岩手県、秋田県、山形県、栃木県、三重県、兵庫県
島根県、山口県、広島県、佐賀県、熊本県

以上の地域です。

それ以外の地域はヘッドフォンやイヤホンをつけながらの運転は条例違反となりますのでご注意ください。

(最新の情報は、実際にネットで調べてみてくださいね。)

 

まとめ

本日は、12月1日付けの道路交通法改正の情報をまとめました。

これを機会に、自分のMR活動について見直してみてはいかがでしょう。

というかもはや、罰則厳しいから家にいよ・・・

というMRも増えそうですね。


「現状維持を続けたら、5年後に絶対後悔する」と感じた僕は、転職を決意。

働く場所を変え、環境を自分で選びやすいコントラクトMRに転職をしました。

僕は、転職という手段を使って自ら環境を変えたことで、「人生は、自分の手で切り開く」という強い信念を持つことができました。

今はまだ道半ばですが、楽しい毎日を送りながら「脱・会社依存」という目標に向かって走り続けています。

「脱・会社依存」という目標に進む上で、僕は同じような価値観を持つ人と一緒に頑張りたいと思っています。

下記記事に、僕の行動理念、そして強い想いを本音でぶつけました。

「転職未経験だった25歳の自分」に送りたいメッセージでもあります。

過去の僕と同じく、未来に漠然とした不安を抱え、「現状維持を続けたら5年後に絶対後悔する」と思う人は読んでみてください。

「コントラクトMR×副業」という働き方で「脱・会社依存」を実現する


 

-MR

© 2020 26歳でコントラクトMRに転職をし、経済的自立を目指す物語 Powered by AFFINGER5