MRの未来に危機を感じている人へ【脱・会社依存から目指すべき】

12月 22, 2019

どうも、マサです。@nishimohuri

 

MRという職業の変化が激しくなっているこの頃ですが、将来の不安を感じている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、そういったお悩みを持つ方に向けて、

「そもそも、会社への依存を辞めるべきではないか、という問いを立てること」

を提案していきたいと思います。

僕自身、会社依存を辞めて働くと、かなり心に余裕を持つことができ、将来への不安もなくなっています。

 

MRの未来に危機を感じているあなたへ【脱・会社依存から目指すべき】

こちらは、「転職と副業のかけ算」の著者motoさんのツイートになります。

転職5回を経験し、現在は情報発信者としても活躍されています。

上記のmotoさんのツイートにあるように、

サラリーマンでいる限り、「会社に依存」している状態なので、誰しもが不安定だということです。

自分の身を守るのは自分ということも、仰ってますね。

今の時代は、昔と違って、終身雇用も保証されず、黒字であっても早期退職が始まっている時代です。

さらに、追い討ちをかけるように、コロナが蔓延してきてもいますから、会社に依存してしまっている状態では危険だということも肌で感じてきているのではないでしょうか。

このように、自分が納得のいく人生を送るためにも「会社に依存しない人生」を目指すのは必然です。

MRを辞める前に

 

あなたは、MRを辞めたとして、どんな人生を送りますか?

また、自分が思い描く人生に向かって、今どんな行動をしていますか?

この質問に明確に答えられるようになりましょう。

MRという職は生産性がないな、業界も今後縮小するから辞めよう・・

という意見も多いですが、そもそも「後ろ向き」に会社を辞めようとしている時点で、ハッキリ言ってMRを辞めても同じだと思います。

MRは「利用できる最高の環境」

異業種への転職を考えた方がいいのかなあ。でも、年収が下がるのも嫌だなあ

という意見もよく耳にしますよね。

しかし、一度立ち止まって考えてみて欲しいのですが、MRほどコスパの良い仕事ってないですよね。

「最低限の仕事しかやらん。あとは家に帰る」

とさえ心に決めてしまえば、高給で自己投資もしやすいし、時間もある。

【MRのメリット】
・直行直帰
→自分の時間が取れる
・高給
→自己投資がしやすい
・土日祝完全休み
→自分の時間が取りやすい

土日祝は完全休みだし、こんな仕事相対的に見れば、なかなかないですよね。笑

自分の時間が取れるという最高のメリットを享受しながら、プログラミング、英語、ライティングの勉強、ブログ発信など、スキルが身に付くことをやれば良いだけ。

だから、このMRは利用しやすい、踏み台にしやすいですよね。

MRの無駄な時間(待ち時間)が多いのが嫌なのよ。

という意見もあると思いますが、待ち時間でも何かしらのインプットはできるはず。

あとは、本気になるかどうかです。

脱・依存を目指す解決策

どんな方法で脱・会社依存を目指せばいいの?方法が分からない。

ここまで読んでいただいた人は、頭の片隅に会社依存からの脱却という新たなキャリアが入ったと思います。

それでは、僕の脱・会社依存を目指す際の考え方を書いていきます。

①環境を整える(転職や断捨離)
②副業に取り組む
③投資を始める

①環境を整える(転職や断捨離)

まず第一の鉄則は、「環境を整える」ことです。

理由は、「自分の時間をなるべく多く持つ」ためです

1日の限られた時間の中で、少しでも多くの時間を「自分のためだけ」に使うことが必要です。

ですから、

・現在の人間関係

・家にある不要なもの

など、自分の生活を見直し、環境を変える必要があるのなら、転職、転勤願いなどを利用して、主体的に環境を変える努力をしましょう。

 

僕自身、前職のメーカーMR時代では

・業務時間外の仕事が多い

・人間関係の整理をしたかった(付き合いが多かったため)

・転職活動に時間をかけたくない
→MR経験を活かす

という理由でコントラクトMRに転職をしました。

コントラクトMR×副業という働き方を提唱したい

本記事では、コントラクトMRに転職を考えている方に、 「コントラクトMR×副業」という働き方を提唱していきたいと思います。 あなたがコントラクトMRに転職を考えていなくとも、何か気づきを与えられたらと ...

続きを見る

 

②副業に取り組む

第二の鉄則は副業に取り組むことです。

とは言え、副業にもたくさん種類があり、向き不向きもあります。

プログラミングに興味がある人、動画編集が得意な人、ライティングが上手な人、何が向いているかは人によって違います。

以下、僕の副業の考え方を書きますのでご参考までに。

・取り組んでいて楽しいもの
→長続きさせるため

・本業や趣味のアウトプット(情報発信)から初めてみる
(※会社の機密情報を出すのはNG)

最初からすぐに大金を稼げる人は存在しません。

どこで収益化できるか、どんな副業が自分に合っているのかは、試行錯誤しないと分かりません。

 

副業禁止の場合

しかし、副業を禁止にしている会社も少なくないと思います。

結論としては、そもそも副業はと国が推奨していますので、会社が規制をかけることはできません。

詳しくは以下記事をご覧ください。

◯参考:副業禁止の会社で、副業がばれた場合

とは言え、副業禁止の会社というのは、あなたの時間を奪っているわけですから、副業OKの会社に転職するのも割とありだと思います。

投資を初めてみる

ここはまだ僕自身初心者なので、勉強しながら更新していきたいと思います。

・ふるさと納税

・積立NISA

から初めてみてます。

◯参考:僕自身の節約術を公開している記事

必要なのは、「決意」と「環境」です

振り返ると、MRは脱・依存するために、最高の環境です。

そして、会社依存を脱却するのに必要なのは

会社依存を脱却するという「決意」と、

会社依存の脱却を目指すのに「適した環境」です。

たまに、モチベーションが湧き上がり、次の日から頑張ろうとしても頑張れる人って少ないですよね。

原因は、環境が変わっていないからで、近くに同じような志を持つ人がいないというのもあります。

というのも、転職前の自分が同じような状況だったからです。

環境を変えてみて、初めて決意することもできたし、今では転職前よりも楽しい人生を送れています。

 


平々凡々の1会社員が、自分の手で人生を切り開き、経済的自立を達成するという意志の元、「コントラクトMR×副業」という働き方を提唱するべく、情報発信をしています。

少々長くなりますが、下記記事に自分自身の理念や想いを書いています。

よろしくどうぞ。

コントラクトMR×副業という働き方を提唱したい


 

-MR, MRの転職

© 2020 26歳でコントラクトMRに転職をし、経済的自立を目指す物語 Powered by AFFINGER5