【2020年版】今後伸びる業界3選~異業種に転職したいMRが抑えておく業界~

1月 24, 2020

今の仕事からのキャリアを考えていきたい。しかし、今後伸びていく業界はどこだろう?

 

こんな疑問に答えます。

個人的に下記の業界3つが伸びると思います。

①IT業界
②エンタメ業界
③医療業界

本日は、この3つの業界が伸びる理由について深堀していきます。

伸びる業界3選

年収を上げる転職をするなら、「成長業界」に行くのは必須です。

年収=職種×業界の掛け算で成り立っているからです。

利益率が高く、お金が大きく動く業界であれば、年収は高い水準を保つことができます。

(例:医薬品、コンサル、商社、広告、金融、通信など)

 

給料のことは、転職活動を通して交渉するまで分かりませんが、本日は間違いなくこの業界は伸びる!という話をします。

 

【本記事を読むべき人】
・どこの業界に転職するか悩んでいる人
・異業種の情報について知ってみたい

 

IT業界

ここはまず、筆頭に上げられる業界だと思います。

今世界のトップを走っている企業は、Google、Amazon、Facebook、appleなどのIT企業です。

では、今後のIT市場規模の推移を見ていきます。

こちらのデータが、2021年までの国内IT市場の推移です。


出典:ScanNetSecurity

2015年からのデータなのですが、2021年まで堅調に右肩上がりに伸びています。

 

また、こちらもIot機器出荷状況を示したグラフになります。

出典:Iot市場は今後どうなる?

 

こちら2つの共通メッセージは「IT市場は伸びる」ということです。

 

その中でも主に、下記の分野が伸びます。

・Iot
・FinTech(フィンテック)
・スマートハウス
・シェアリングエコノミー
・AI
・自動運転システム

などです。

 

こちらの分野に関しては、ニュースによく出てくる分野であり、間違いなく今後進んでいくことでしょう。

「テクノロジー」は今後、最も外せないキーワードになってきます。

 

エンタメ業界

エンタメ業界は、動画、放送、イベント、映画など、人を楽しませる娯楽をイメージしていただければと思います。

このエンタメ業界が伸びる理由は2つ。

1つ目は、CD流通や映画などのオールドビジネスが廃れてきているから。

逆に今では、動画配信のサービスであるNetFlixに嵐が参入してきたように、僕たちが普段見てきたテレビや、映画館に行って映画を見るという行為がいらなくなる可能性もあります。

 

また、CDを買わずにYouTubeで音楽も聞けるようになってきたので、テクノロジーの発達により、大きな影響がもたらされています。

 

そして、2つ目は今後の時代は「心の豊かさ」を求める時代だからです。

今はすでに、モノや情報に十分にあふれている世の中です。

電話が発達し、コミュニケーションはLINEやメールで十分。

逆に、人と人とのコミュニケーションの輪が薄れてきていますよね。

今後は、人間の「楽しむ」という心を豊かにするためのサービスが開発されると考えています。

例えば、ソーシャル体験ゲーム。

現在、東京でドラゴンクエスト体験ゲームなるものが開催されています。

絶叫エンターテインメントVRZONE

よりリアルな体験を求め、テクノロジーとの融合でエンタメ業界にも革命が起こりつつあります。

 

医療業界

この業界は間違いなく伸びていきます。

というか、

ヘルスケア業界に形を変えて進化していくと思います。

 

こちらが今後の日本の人口の推移を表したグラフになるのですが、高齢者が増えるのは一目瞭然ですね。

(出典:総務省:我が国における総人口の長期的推移)

2030年に高齢化率約4割を迎えます。

当然加齢によって、体の調子が悪くなったり、疾患の予防の普及が始まりますので、高齢化が進むとともに、この医療業界が伸びていく、という話です。

 

現在、医薬品業界、介護業界に多くの企業が参入してきているように、このヘルスケア産業というのはIT業界と同じくらい注目されていると言っても、過言ではありません。

 

まとめ

【今後伸びる業界3選】
・IT業界
・エンタメ業界
・医療業界

この3つは確実に伸びていく業界だと思います。

しかし、他にも今後伸びるであろう業界はたくさんあります。

 

そして、もちろんですが伸びる業界を選ぶことが正解というわけではありません。

 

確かに成長領域で働いていた経験は、今後に活きてくると思いますが、自分がたとえ衰退している業界で働いていたとしても、その業界で働くことが幸せなら、それを追求すべきです。

 

心の底から、この業界で働きたい!という業界に出会えれば嬉しいですね。

ちなみに、このブログはMR(製薬会社の営業マン)向けに作っていますので、MRが異業種に行きたいのであれば、どの業界の求人も広く抑えている大手のエージェントがおススメです。

中でも、リクルートエージェントは大手の中でも1番求人が多いです。

 

では、今後転職を考えている方のご参考にどうぞ!

リクルートエージェント



平々凡々の1会社員が、自分の手で人生を切り開き、経済的自立を達成するという意志の元、「コントラクトMR×副業」という働き方を提唱するべく、情報発信をしています。

少々長くなりますが、下記記事に自分自身の理念や想いを書いています。

よろしくどうぞ。

コントラクトMR×副業という働き方を提唱したい


 

-MRの転職

© 2020 26歳でコントラクトMRに転職をし、経済的自立を目指す物語 Powered by AFFINGER5