コントラクトMRの内勤は全然大変じゃない話

1月 28, 2020

どうも、マサです。@nishimohuri

コントラクトMRの内勤は大変そうなイメージあるけどどうなんだろう?メーカー側とCSO側の両方があるから大変なんじゃないの?

 

 

本日は、コントラクトMRの内勤事情に答えます。

 

○参考:コントラクトMRのデメリットを書いている記事

こちらの記事でコントラクトMRのデメリットを書かせていただきました。

コントラクトMRは製薬会社に派遣されるMRという立ち位置なので、

デメリットの1つに「内勤が二重に大変」が挙げられるのでは?という質問を読者からいただきました。

 

CSO(コントラクトMRを雇用している側)+メーカー側

両方の内勤作業の負担がかかってくるのではないかということです。

 

しかし、私の印象では内勤作業は全く大変ではありません。

もちろん、日報の報告は会社によりけりですが、あえてデメリットに上げるほどのことでもない気がします。

だから、コントラクトMRのデメリットとして内勤の話は挙げませんでした。

 

本日は簡単ですが、この内勤事情について触れていきます。

コントラクトMRの内勤事情

コントラクトMRには上司が2人存在します。

プロダクトマネージャー(コントラクトMRを管理する立場)

派遣先の上司(派遣先のメーカーの営業所長)

上記2人です。

〇参考:プロダクトマネージャーの仕事

内勤はだるくなさそう

このように上司が2人存在するために、報告業務も2重に存在するように見えますよね。

派遣先の日報業務は派遣先に依存しますので、

CSO(雇用側)では月報なのか、日報なのかは会社によります。

 

もちろん、会社によって違いがあるとは思いますが、知り合いのコントラクトの口から

内勤2重だしだるくねw

と聞いたことはありません。

 

ほとんどイメージ

転職する際は、コントラクトMRは内勤が大変そうw

とか思っていましたが、年収や働き方含めて、自分が悪いイメージを持っていただけでした。

 

というか世の中に存在する

・とりあえず3年働いた方がいい

・仕事は長く続けた方がよい

などの風潮や常識のほとんどは疑った方がいいモノばかりです。


本記事を見て、コントラクトMRに関して気になる点や、
CSO業界で気になる点がある人はご質問承ってますのでどうぞ。

お問い合わせはこちらより

TwitterDMや、LINE@でも受け付けております。

Twitterアカウント→@nishimohuri

にっしーLINE@アカウント


 

コントラクトMR×副業という働き方を提唱したい

本記事では、コントラクトMRに転職を考えている方に、 「コントラクトMR×副業」という働き方を提唱していきたいと思います。 あなたがコントラクトMRに転職を考えていなくとも、何か気づきを与えられたらと ...

続きを見る


 

-コントラクトMR

© 2020 26歳でコントラクトMRに転職をし、経済的自立を目指す物語 Powered by AFFINGER5