今後のキャリアを不安に思うMRが【絶対に】すべきこと

5月 9, 2020

どうも、マサです。@nishimohuri

 

YouTube音声文字起こしをやっていきます。

いつもYouTubeの音声配信を台本作成→パワーポイント作成→音声収録という流れで行っていますが、だいぶ慣れてきました。

やはり、全く道の領域でも速攻チャレンジして、行動しながら考えるのが良さそうですね。

新しいチャレンジをするときは、本を3冊買って、その後は試行錯誤しながら進めるのがベスト。

1人語りの場合は、3分程度で話すことにしました。

まだ有名でもないし、その方がクリックしやすいですよね。

 

ということで第4回目は、

「今後のキャリアを不安に思うMRが【絶対に】すべきこと」です。

以下、音声文字起こしになります。


本日の動画はこちら↓

結論を、「転職エージェントとのキャリア面談」としているのですが、転職未経験かつ転職エージェントを活用したことのない人はすべきです。

理由は、日常業務だけでは自分自身の市場価値を客観的に把握することが難しいからです。

市場価値は、一言で言えば「年収」と考え、企業からエージェント経由で貰うオファーを見るのです。

いくら社内で褒めてもらい、評価が高かったとしても、社外に出れば社内の人脈、仕事のやり方も違うわけですから、社内で活躍する人が外でも活躍できるかは分かりません。

自分自身を客観的に見つめ直し、市場価値を知ることで仕事に向き合う姿勢も変わってくるはずです。

それでは、具体的な手順を簡単にお話しします。

登録をオススメする転職エージェントは

・リクルートエージェント

・DODA

・パソナキャリア

上記の3つです。

(アフィリ目的ではないので、アフィリリンクは貼ってません。)

大手のエージェントであれば、正直どこも大差ありません。

上記の中から1つ登録して、転職エージェントと連絡をとりましょう。

エージェントより、電話面談を受けるよう、促されますので応じてください。(営業程度に転職は早い方がいいと言ってきますが、転職する気がない人は無視。)

あくまで、自分の客観的な市場価値を知るためです。

 

そしてエージェントとの面談中に

・自分自身の年収

・経歴

・今後希望する職種

・希望する年収

上記を最低伝えます。

その後、エージェントから求人が送られてきたり、企業からエージェント経由でオファーがくるので、各社のオファー年収をざっくりと把握してみてください。

その相場が、あなたが本来もらうべき年収になります。

そして、

オファー年収>現在の年収

であれば、あなたの市場価値が買い叩かれている証拠ですし、

オファー年収<現在の年収

であれば、残念ながら価値よりも多くをもらい過ぎているということになります。

貰い過ぎているのは、かなりお得ですが、現在の自分の価値は把握して損はないと思います。

転職エージェントに登録して、面談するのは無料で完結することなので、ぜひやってみてください。

今はコロナで転職市場で右肩下がりですが、行動するのに越したことはありません。

 

それでは、本日は以上です。

チャンネル登録がまだの方は、本日の動画よりお願いします!↓


平々凡々の1会社員が、自分の手で人生を切り開き、経済的自立を達成するという意志の元、「コントラクトMR×副業」という働き方を提唱するべく、情報発信をしています。

少々長くなりますが、下記記事に自分自身の理念や想いを書いています。

よろしくどうぞ。

コントラクトMR×副業という働き方を提唱したい


 

-YouTube音声

© 2020 26歳でコントラクトMRに転職をし、経済的自立を目指す物語 Powered by AFFINGER5